アプリ開発の費用相場 コストを抑える方法を紹介

アプリ開発の費用相場 コストを抑える方法を紹介
自社アプリを開発したい、と考えたときにまず気になるのがどのくらい費用がかかるのか、ではないでしょうか。しかし「アプリ開発の費用相場」と言っても、アプリのタイプや搭載機能などによって大幅に異なってしまい一概には言えないのが現状です。例えば、開発したいアプリがオンラインショッピング系なのかチャットボット系なのかによって、何百万円の差が出てくることもあります。さらに、そこにどのような機能を付加したいのかによっても費用が変わってきます。この記事では自社でお作りになりたいアプリにどのくらいの費用がかかるのか、そしてそのコストを抑える方法やコツをご紹介します。

目次

アプリ開発 タイプ別の費用相場


ここではまず、開発するアプリのタイプ別に、費用相場を解説します。

<相場料金表>

タイプ相場
オンラインショッピング100万~300万円程度
コミュニケーション系100万~500万円程度
電子書籍関連50万~150万円程度
カタログ系50万~200万円程度
ニュース300万~500万円程度
チャットボット系50万~100万円程度
金融系1,000万円~
モール型EC系2,400万円~
ハードウェア連携500万円~

※当社調べ

 

例えば、電子書籍やカタログなど、既にデータ化されたものをアプリ上で表現する、といったものは、比較的低コストで開発することが可能です。

一方、Amazonや楽天などのように、1つのECサイト内に複数のショップがある、オンライン上のショッピングモールのような「モール型EC系サイト」は、作成画面や機能数が多いため、高額になりやすい傾向にあります。このように、アプリのタイプによって開発コストに大きな幅が出ます。

 


アプリ開発の費用に影響する要素と相場


アプリ開発の費用に影響する主な要素は、搭載する機能です。アプリにはシンプルな機能から、システムの連携などといった複雑なものまでさまざまな機能があり、それぞれに開発コストがかかります。そのほか、アプリのOS、デザイン制作の依頼、開発後の運用・保守が影響します。最終的に想像以上の金額になった、とならないよう、注意点をぜひチェックしてください。

 


搭載する機能


アプリにどのような機能を搭載するかによっても、開発費用は変動します。

機能費用相場
シンプルなカメラ・時計・電卓約150万円~
地図や天気、在庫などのデータ連携約150万円~
ログイン約300万円~
SNS連携約300万円~
SNS機能の追加約220万~1,150万円
決済システム約50万~100万円
通知約100万円~
ユーザーのデータ取得約50万~200万円
会員データ管理約50万~100万円

 

例えば、シンプルな「カメラ」や「時計」などの機能は約150万円から、Googleマップなどの「地図」搭載や「天気」、「在庫数」といったデータ連携は約150万円から、といった具合です。

「決済システム」は、既に自社で持っている機能を使う場合と、新たにシステムを構築する場合とで、50万から100万円と幅が出ます。

ユーザーの「データ取得」の場合は、既に自社で獲得済みの顧客データを連携する場合は約50万円からですが、アプリ上で新たにメールアドレスなどユーザーの個人情報を取得する場合は、より費用が高額になるでしょう。

 


アプリのOS


アプリのOS(オペレーティングシステム)の種類にも注意が必要です。iPhoneやiPadなどのアップル社製品には「iOS」、それ以外の場合は「Android」に対応させる必要があります。

どちらか一方のみの開発で約100万円、両方の開発となると200万円ほどのコストがかかってきます。なぜなら、iOSとAndroidでは、開発言語や開発環境が異なるため、それぞれに開発費用が掛かるためです。

 

また、App Storeなどのアプリケーションストア経由で購入するタイプのアプリは「ネイティブアプリ」と呼ばれ、iOSがアップデートされるたびに、アプリの更新も必要になります。そのため、iOSアップデートを見据えた開発後の運用・保守費も視野に入れておかなければなりません。

 

一方、iOSのアップデートごとの更新が必要ないのが、WebView(ウェブビュー)アプリです。これはSafariなどのブラウザ上で閲覧できる形態のアプリのことで、ネイティブアプリよりも比較的安価で、場合によっては1/2くらいの価格で作成できることもあります。WebViewアプリはiOS、Androidいずれの環境でも表示することが可能です。

 


デザイン制作を依頼するかどうか


アプリのデザインも、開発費用を大きく左右する要素の一つです。コンセプトなど含め企画考案から外部の制作会社に依頼する場合、それだけで100万円ほどかかる場合もあります。自社にデザイナーがいる場合は、自社対応することで外注費用を抑えられるので、まずは自社で対応できないかどうかを検討しましょう。

 


開発後の運用・保守費用


アプリは、開発が完了してリリースした後が本番です。よって、「開発費」は、アプリをリリースするまでだけでなく、その後の運用・保守費用も含めて考えるべきと言えます。

 

運用費の代表例として挙げられるのが、サーバー代。多くの場合月額の固定費としてかかるものです。また、ネイティブアプリのように、OSのアップデートごとにアプリも更新が必要なケースもありますし、いざ動かしてみると、往々にしてバグの発生や不具合、修正すべき個所が見つかるものです。このような運用・保守費用は、開発費の数十%などと計算されることが多いようですが、企業によって異なります。これらの費用も契約時に確認しておきましょう。

 


アプリ開発の費用を抑えるためのポイント


ここでは、アプリ開発の費用を抑えるためのポイントを2点紹介します。依頼時にどのようなことに気をつければいいのか、ぜひ参考にしてみてください。


アプリの機能や仕様をある程度決めてから見積もりを取る


アプリの企画から依頼してしまうと、システム開発会社から来る見積もり金額は実態がないものになりがちです。どのような機能を実装したいのか、どのような仕様にしたいのかなどを、ある程度自社で詰めておくことで、最終的に予算は抑えられる傾向にあります。

 

費用がかさむ原因として、開発途中でアプリの方向性を変えることが挙げられます。方向性を変えるとなると、開発してきた部分を改めて作り直すことになるため、追加費用が発生します。

ほかにも、開発が進んでいくにつれ、仕様をより良くしたくなり、機能を追加したいという意向も出てくることがあります。このような事態を避けるために、あらかじめ必要な機能や仕様を固めておくことが、大幅な予算オーバーを回避するコツです。

 


オフショア開発を利用する


費用を抑えるために、企業に属さない個人フリーランスのSE(システムエンジニア)や、プログラマーに開発を依頼することも選択肢としてはあるでしょう。しかし、個人に依頼すると開発が属人化してしまうため、仮にその人がけがや病気になった場合など、開発がストップしてしまいかねず、リスクも負うことになります。

 

そこでおすすめしたいのは海外で開発するオフショア企業に委託することです。IT人材が不足し、エンジニアの単価が高騰している日本に比べ、人件費が比較的安価な海外に外注することで費用を抑えられます。例えば、ベトナムやフィリピン、ミャンマーなどの東南アジアの新興国のIT技術力は日本に劣らないほどになっています。とはいえ、急に海外に外注するとなると、対応や開発方法の違い、リリース後の修正のやり取りなど、心配なことも多いですよね。そのような場合は、日本を本拠地としているオフショア企業に依頼すれば、国内のIT企業に委託するのと変わらないコミュニケーションを取りながら、開発を進められます。

関連記事 アプリ開発をオフショアで実施する際の費用とは?

 


アプリ開発の費用相場 まとめ


アプリ開発には多くの工数と金額がかかってきます。しかし、高額になりそうだからと諦めずに、まずはどのような要件のアプリを制作したいのか、ある程度明確に設計してみることをおすすめします。そして、その後のシステム開発会社の選定が非常に大切です。依頼先を国内だけに絞らず、オフショア開発を検討してみることもコストを抑えるためには有益な手段となるでしょう。

 


オフショアでアプリ開発するなら実績豊富な当社へ


デザインワン・ジャパンは、アプリ開発の実績が豊富なベトナムのダナンに開発拠点を持つ日本の東証スタンダード上場企業です。御社とベトナム現地の開発チームとの間には日本人のブリッジSEをアサインするため、まるで日本のIT企業に発注しているかのようにコミュニケーションもスムーズ。コストと品質のバランスが取れた開発が特徴です。IT人材のリソース確保にお悩みの企業様や、国内企業に委託するよりも費用を抑えたい企業様におすすめです。

 

・ご依頼いただけるアプリ開発のサービス
・iOS
・アンドロイド
・マルチプラットフォーム
・Unity など

└これまでに開発したアプリの種類
・動画・画像配信プラットフォームアプリ
・安否確認アプリ
・画像加工アプリ
・名刺作成アプリ
・ゲームアプリ
・ラジオアプリ
・カメラ・画像編集アプリ
・音声通話アプリ など

このほかにも事例は多数ございます。詳しくはこちらの無料ダウンロード資料でご覧ください。

お見積りはこちらから、お気軽にお問い合わせください。

contact お気軽にご連絡下さい。